ローン中の家を売る方法と注意点について

ローンを組んで家を購入したものの、経済的な理由などで手放す必要に迫られることがあります。ローン中の家を売ることは不可能ではありませんが、実行するのは決して容易ではありません。これはローンの残高や家の所有権など様々な要因が絡んでいるためです。

スムーズに売却手続きを進めるためにも、ローン中の家を売る方法や注意点について学びましょう。

抵当権が消滅するかどうかが大きなポイント

ローン中の家には抵当権があります。

抵当権はローンの支払いができなくなった際に家を差し押さえるための権利です。抵当権はローンの残高が無くなると消滅するので、家を売って得たお金でローンの支払いが完了すれば何の問題もありません。

しかし、家を売ってもローンが残る場合は抵当権を持つ金融機関が家を売ることに同意しないことがあります。

どのような方法でもローンを完済させれば家を売ることは可能

家を売ってもローンが残る場合、他の方法でローンを完済させる方法があります。預貯金など他の資産でローンの完済が可能であれば家を売ることは難しくありません。金融機関の側から見ればローンが完済できればその方法は関係ないので、スムーズに家を売ることができます。

任意売却は家の資産価値に沿った金額で売却できる

任意売却はローンが払えないほどに困窮した人が競売を避けて家を売るための方法です。競売では資産価値を低く見積もられてしまうことが多いので、適切な査定に基づいて売るには任意売却が適していると言えます。

しかし、任意売却は経済的に破たんしていることが重要な条件なので、誰でも利用できるわけではありません。また、金融機関が任意売却に応じないこともあるので注意する必要があります。

決断が早いほど高く売れる

ローンの支払いが残っている家を売ることに抵抗を感じるかもしれませんが、不動産物件は基本的に年月が経過するほど資産価値が下がります。

そのため、できるだけ早く決断するのが高く売るためのコツになります。ローンの残高も踏まえ、より高額な査定結果を出した所に売ることも忘れてはいけない条件の一つです。

複数の業者を比較することが大切

家などの不動産物件は業者によって査定結果が異なります。同じ物件でも数十万円以上の差が生じることは決して珍しくありません。ローンを完済させるには少しでも高く売ることが何よりも重要な条件なので、査定は必ず複数の業者に依頼し、その結果を比較するように心がけましょう。

金額に妥協せず早めに決断することが必須条件

ローン中の家をスムーズに売るには完済が成立し、抵当権が消滅することが重要なポイントです。そのため、家の査定額を妥協してはいけません。また、不動産物件は古くなるほど価値が下がるので、売ろうと思ったらすぐに行動することも高く売るための条件になります。

ローン中の家は金融機関の同意があって初めて売ることができるので、ローン完済の目処が立つようにしなければいけません。

関連《家を売る》 … 高く家を売る研究|ど素人が損した失敗談から教える不動産売却のコツ

Posted on